皮膚科

当科では、年齢・性別関係なく全身の皮膚や爪の病気を中心に診察します。
「湿疹」や「かぶれ」、「かゆみ」、「じんましん」、「アトピー性皮膚炎」、「褥瘡(とこずれ)」などの各種皮膚疾患や凍結療法によるイボ治療、巻き爪やうおのめ等の治療を行っています。

またピアスホール(耳たぶのみ)の作成も可能です。皮膚のことでお困りの方は、一度当科へご相談ください。

診察日:火曜日、木曜日

診察時間

火曜日 (祝日は除く)
【午前】 9:00~12:00  (受付11:30まで)
【午後】14:00~16:00  (受付15:30まで)

木曜日 (祝日は除く)
【午前】10:00~12:00  (受付11:30まで)
【午後】14:00~17:00  (受付16:30まで)

 ※木曜日のみ初診の方は 午前 11:30~ 午後 16:00~ の診察となります

【受付時間は診療終了時間30分前となります

皮膚科
午前(9時~12時)交代制
(和医大)
小林和夫
※2
午後(14時~17時)交代制※1
(和医大)
小林和夫

※1 診察は16時までとなります。※2 診察開始は10時~です。

【医師紹介】(非常勤医師)

所属氏名専門分野診察日
和歌山県立医科大学付属病院
皮膚科
准教授、病院教授
皮膚外科主任、副科長
山本 有紀腫瘍皮膚外科
ケミカルピーリング
皮膚科一般
第1・3火曜
和歌山県立医科大学付属病院
皮膚科 大学院生
橋本 彩皮膚科一般第2・4・5火曜
皮膚科医師小林 和夫皮膚科一般毎週木曜

巻き爪治療について

・巻き爪とは?

巻き爪とは爪の端が内側に向かって強く巻き込んだ状態を指します。足の親指によくみられ、爪が皮膚に当たって痛みを生じる場合などもあります。

・治療を始めるきっかけは?

巻き爪の患者さんが治療を始めるきっかけで最も多い症状は「痛み」です。通常、巻き爪は自然に治るものではないと言われているため、長い間放置すると、症状がさらに悪化したり、痛みをかばった歩き方を続けることで膝や腰の痛みへと発展したりする可能性もあります。繰り返し痛みを感じるようになったら、早めの治療をおすすめします。

・どんな治療があるのか?

巻き爪の治療は矯正具やワイヤーを使用した治療が主になります。治療については自費診療となりますので、治療内容や費用、治療期間などはお気軽にご相談ください。

腎センターのご案内 美容健康ページ